Macでの画面収録

Macデフォルトの画面収録(command + shift + 5)とQuickTimePlayerで画面収録を行うと、音声が入っていない無音の動画になってしまいます。

調べてみるとSoundflowerを使う方法が出てきますが、収録中無音になってしまうのは諦めてくださいという感じで納得いかない、、、

Macデフォルトの画面収録とQuickTimePlayerを使用して、音声込みで録画する方法2種類をまとめておきます。(もちろん収録中無音にならない)

今回の記事はSoundflowerとLadioCastを使う方法を記したものです。
もう1つの方法は下記リンクからどうぞ。
Background Musicを使う方法

環境

macOS : macOS Catalina 10.15.5
画面収録アプリ : Macデフォルトの画面収録(command + shift + 5)
(QuickTimePlayer バージョン10.5)

SoundflowerとLadioCastを使う方法

必要なアプリケーション 使用バージョン)

  • Soundflower (2.0b2)
  • LadioCast (000013000)

SoundflowerとLadioCastをダウンロード

Soundflowerのダウンロードは↓ここのサイトから。
https://github.com/mattingalls/Soundflower/releases/tag/2.0b2

リンク先にてdmgファイルをダウンロードできるのでダウンロードします。

Soundflowerダウンロード

ダウンロードしたらdmgファイルを開いてインストールします。
インストールした後は再起動を行ってください。

再起動が終わったらサウンドの出力装置にSoundflowerが追加されていることを確認してください。

LadioCastはApp Storeから入手できるので、App Storeからダウンロードしてください。

サウンドの設定を行う

メニューバーのサウンドを開き、出力装置をSoundflower (2ch) にします。

サウンド選ぶ場所

LadioCastの設定を行う

次に、LadioCastを起動して、以下の設定にします。(画像参照)

入力側

  • 入力1 :
    Soundflower (2ch) を選択する
    "メイン"と"AUX 1"を下のボタンから選択する

出力側

  • 出力メイン :
    スピーカーを選択する
  • 出力 AUX 1 :
    Soundflower (64ch) を選択する

LadioCast設定

これでサウンド側の設定は完了です。

画面収録の設定

画面収録アプリを起動し、オプションの中のマイクをSoundflower (64ch) にします。

オプション選ぶ場所

これで全ての準備が完了です。
画面収録を行ってみると音声込みで録画されているはずです。

まとめ

今回の記事では画面収録方法2種類の内、SoundflowerとLadioCastを使った方法を紹介しました。

この方法では、マイクでの音声も録音可能(LadioCastでマイクの入力を増やせば可能)ですが、もっと簡単な方法がいいという人にはBackground Musicを使った方法の方がオススメです。

2 Comments

  1. アバター

    Soundflowerが反応しません。

    画面でなっている音を録音しようとしています。
    サウンド設定は入力、出力ともにSoundflower(2ch)。
    ミキサーを見ると音が入っていませんでした。

    どうしたら使えるようになるでしょうか。

    mac 音声 録音
    1. Masaki Okuyama

      入力、出力のSoundflowerはチャンネルを違うものにしてください。
      例えば、zoom(等)の音声出力を2chに、この時ミキサーの入力を2chにします。ミキサーの出力を64ch(とスピーカー)にして、画面収録のマイクを64chにしたら録音できます!

      Masaki Okuyama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。