Macでの画面収録

Macデフォルトの画面収録(command + shift + 5)とQuickTimePlayerで画面収録を行うと、音声が入っていない無音の動画になってしまいます。

調べてみるとSoundflowerを使う方法が出てきますが、収録中無音になってしまうのは諦めてくださいという感じで納得いかない、、、

Macデフォルトの画面収録とQuickTimePlayerを使用して、音声込みで録画する方法2種類をまとめておきます。(もちろん収録中無音にならない)

今回の記事はBackground Musicを使う方法を記したものです。
もう1つの方法は下記リンクからどうぞ。
SoundflowerとLadioCastを使う方法

環境

macOS : macOS Catalina 10.15.5
画面収録アプリ : Macデフォルトの画面収録(command + shift + 5)
(QuickTimePlayer バージョン10.5)

Background Musicを使う方法

必要なアプリケーション 使用バージョン)

  • Background Musi (0.3.2)

Background Musicをダウンロード

Background Musicのダウンロードは↓ここのサイトから。
https://github.com/kyleneideck/BackgroundMusic

リンク先にてpkgファイルをダウンロードできるのでダウンロードします。

BackGroundダウンロード

ダウンロードしたらpkgファイルを開いてインストールします。
インストール方法はこちらのサイトが参考になります。

インストールが終わったらメニューバーにBackground Musicが追加されています。
追加されていない場合は、LaunchpadからBackground Musicを起動してください。

サウンドの設定を行う

まず、メニューバーのサウンドを開き、出力装置をBackground Musicにします。

サウンド選ぶ場所

次に、メニューバーのBackground Musicを開いて、Output Deviceでスピーカーを選びます。(デフォルトで選ばれていると思います。)

BackGround選ぶ場所

これでサウンドの設定は完了です。

画面収録の設定

画面収録アプリを起動し、オプションの中のマイクをBackground Musicにします。

オプション選ぶ場所

これで全ての準備が完了です。
画面収録を行ってみると音声込みで録画されているはずです。

まとめ

今回の記事では画面収録方法2種類の内、Background Musicを使った方法を紹介しました。

この方法は比較的に設定が簡単なためオススメですが、マイクでの音声も録音したいという人にはSoundflowerとLadioCastを使った方法の方がいいかもしれません。

Background Musicは起動していないと意味がないので、メニューバーにBackground Musicのアイコンがない時はLaunchpadか起動するよう注意してください。